時は2018年3月、愛媛県松山市。

 

 

 

椿さんも終わり春が確実に近づいているが、三寒四温の寒さが冬の名残を惜しんでいるようだ。世の中は年度の変わり目が近づいているため、慌ただしく厳しい顔をして仕事に励む社会人も多い。

 

 

そんな世の中の動きとは違い、多くの女性たちの笑い声が聞こえる場所に、明賀(みょうが)はいた。

 

 

地元大学を卒業し、松山ヤクルトに入社した彼は、現在チーム長として仕事に打込む毎日。ヤクルトスタッフさんたちに囲まれ、苦労しながらも、楽しみや喜びを感じていた・・・  

 

 

「生きてるな、オレ」

 

 















 

 

ゆっくりと休日を過ごしていたある日・・・

 

 

 


 

 

 

急に胸騒ぎがした、ある瞬間・・・

 

 

 

 

胸の携帯(ガラケーにこだわりを持っている・・・)からメール受信音がなり響いた。

 

 

 

 

 

 「そろそろデートの時間やから、あいつからの催促メールやろか??」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「な、なんじゃこりゃ~~~!!(松田優作風)」

 

 

※松田優作を知らないあなたは、YouTubeで「松田優作 なんじゃこりゃ」で検索してみてね!

 

 

 

 

 

 

 

 

その瞬間、表情が凍りつき、400秒ほど固まってしまった明賀。

 

 

 

 

 

 

 

 「さ、3年ぶりだ・・なんで、なんでまたこんな時に極秘指令が?? 俺は今の生活で充分満足なんだよ。ボスって誰なん? YIT9029って一体何をやれっちゅうんや!?」

 

 

 

 

 

 

 

   

   

 ボスから冷たい業務連絡の様な、メールの二通目が届いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

無言でメールの文字を見つめる明賀。自分に言い聞かせるように、小さく頷いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

翌朝6時、意味が分からないまま素直な心で指令に従い大街道へ向かう明賀。片手にはスーパーのレジ袋。

 

 

 

 

 

「どういう意味か分からんけど、とりあえず指令に従いゴミ拾っとくしかないか。こんな朝早く誰もおらんし、することもないしな・・・」

 

 

 

 

黙々とゴミを探し始める明賀。

 

普段大街道でゴミ拾いなどする機会がないが、ゴミを拾おうと思って見渡すと、意外に昨晩のゴミが落ちている。 

 

 

「結構捨てとるなぁ」

 

 

とボヤきながらも、ゴミ拾いを続ける明賀。

 

 

 

 

ゴミ拾いを始め、5分経過。 

 

自らの手できれいになる大街道を見ていると、明賀の心にエンジンがかかってきてしまい、

 

 

 

 

「よっしゃここまでしたら、大街道の全部のゴミを拾ってやろうやないかっっ!!」

 

 

といつの間にかゴミ拾いに熱中し始めて、指令のことなど忘れてしまい、やるからには、信念を持ってやろうと体的にゴミ拾いを続けていたのだった。

 

 

 

 

 

 

 

3時間後、スーパーの袋から50リットルのごみ袋に換えて、満タンになったごみ袋を重たそうに、しかし満足そうに抱えアエル松山前に立つ明賀。

 

 

 

 

 

「朝もはよから嫌やなって思ったけど、こんだけ集中してやって、これだけゴミを集めたら結構心がすっきりして動もんやな。変な指令から始まった朝やったけど、他人のために貢献するって、結構ええ気分やな!」

 

 

 

 

困難・苦難すらも楽しく受け止め顔で噛みしめる明賀。

 

 

 

そこへ見知らぬ中年の男性が近づいてきた。

 

 

 

男性「ピカリンコ清掃協会の一斉清掃は10時からやのに、若いのにえらい早い時間からやりよるなあ。おいちゃんはした!」

 

 

 

と笑いながら話した。

 

 

 

 

 

明賀「え、?一斉清掃、いや私、ピカリンコ清掃協会なんて知らないですし、そんなつもりで掃除したわけやないんです・・・」

 

 

男性「ああそうなん?それなら余計感心やなあ。珍しい若もんや。これをどうぞ!」

 

 

 

 

明賀「い、いや、こんなもの頂くようなことやないですし、私は指令、 いやし、し、し、しれっ~と掃除してただけなんで、気持ちだけ頂いて、お、お返ししますっ」

 

 

 

 

もらったものを返そうと前を見ると、すでに男性は姿を消していた。

 

 

 

 

 

明賀「き、き、き、消えた。さっきのおいさんは一体??」

 

 

 

 

手渡されたのは、スプーンとヤクルトの『食べるジョア』。

 

 

 

  

明賀「これは食べろということか? 朝メシは食うてないし、賞味期限は大丈夫やな・・・訳がわからんが頂くか?」

 

 

 

 

 

 

明賀「うまいなァ~、あれ?うっ、何か入っとるぞ!?」

 

 

 

 

 

 

違和感を感じた明賀。

 

口に入っていた何かを取り出すと、折りたたまれたメモ用紙が。

 

 

 

 

  

 

恐る恐るそのメモ用紙を開くと・・・・・

 

 

 

明賀「また、また来た・・・」 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松山城の登り口にある東雲神社をダッシュで松山城に登ろうとしている途中にまたボスからメールが。






 

 

明賀「ありがとうボス・・・・やるよ、俺は・・・()

 

 

 

 

 

息を切らせながらつぶやく明賀。 そして、しゃがみ込み、ウサギ飛びで一段ずつ登り始めた。

 

 

 

回りにいた女子高生が怪しい人物を見るような目で明賀を見つめている。

 

 

 

 

 

 

一往復。

 

 

二往復・・・・

 

 

 

 

 

四往復。

 

 

六往復・・・・

 

 

 

 

 

 

明賀「うおおおおおおおっっっ!!!!  ボスは一体、俺に何をやらせようとしてるん二ャア~~!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰も何も答えてくれるはずもない。

 

 

それでも飛び続ける明賀。

 

 

八往復。

 

 

 

九往復・・・・

 

 

 

 

 

 

 

!!!!!!!!!! 

 

 

 

遂に、東雲神社でのウサギ飛び10往復を成し遂げた明賀。

 

 

 

 

しかし、時間がなく、痙攣している足を引きずりながら城山をダッシュで駆け登る。

 

 

 

 

 

必死で走る明賀。

 

 

ふと横を見ると、松山平野が見え、朝日が昇りつつあった。

 

 

 

ヤクルト400を両手に、朝日に向かって叫ぶ明賀。

 

 

 

「なんか訳が分からんが、我に七難八苦を与えたまえ~~っ!!」

 

 

 

 

 

  

ようやく天守閣前の広場に到着。ゆっくり休んでいる暇はない。

 

 

 

 

 

 

 

「AKB48のダンスはヤクルトスタッフさんの慰労会で踊ったから何とか踊れるけど、観光客と一緒に踊れって、どうやってやったらええんじゃ!? 

 

普通に頼んだら変人かと思われそうやし、指令とも言えんし、うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 突然メモ用紙に猛烈にアイデアを書きなぐり始める明賀。



 

 

悩んでも仕方ない! とりあえず脳からアイデアを絞り出して考えて考え尽くして、片っ端から書きなぐってやる。残りあと10分しかない・・・・・・・・・    おりゃ~!! あたたたたたったたたたたたァァァァァァ~~~~~~~ッッ!!」

 

 

 

 



「あーでもない、こーでもない・・・ 湧き出ろ、俺の智恵!!絞り出せ、俺の脳細胞っ!!」

 

 

 

 

 

「どうした、俺? こんなもんじゃないはずや、まだあるはず!!  うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお~~っ!!」

 

 

 

  

 あっという間に400個ほど案を書きだした明賀。

 

 

 

 

しかし、どれも決定的なもの はなく、最後にメモった  『とにかく力の限り一生懸命踊りたおす、しかない・・・』  という絞り出した案を見て、

 

 

  

「くそ~あと4分しかないから失敗しても元々や。考えてばっかりはいかん。この案にとにかく賭けて、いますぐに行動しないと! とにかく自分を信じ、しくくしかないっ!」

 

 

 

 

 

鬼気迫る表情で、BGMを口ずさみながらAKB48を1人で踊る明賀。

 

 

観光客は明賀に近づこうとせず、変人を見るかのような目で見て通り過ぎていく。清掃の方も目線をそらして足早に通り過ぎ、焦る明賀。

 

 

 

 

 

  

残り1分44秒。誰もまだ近づかない。

 

 

焦りは募るばかり。しかし、そんなことでは踊りを辞めるはずがない明賀。

 

 

 

 

と、・・・通りすがりの観光客らしき女性が明賀に恐る恐る近づき、かぼそい声で声をかけてきた。 


 



 

 

女性「あの~すいません。なんでAKBを踊ってるんですか? 今日ここで、ダンスのイベントか何かあるんですか?」


   

 

  

明賀「観光客の方とAKBを踊りんたいんです。とにかく一緒にっっっ!!」

 

 

 

 

女性「な、な、なんでですか?()

 

 

 

 

 

  

 

明賀「とにかく、観光客の方と、命を賭けてAKBを踊りたいんですっ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりの迫力に後ずさりする観光客。

 

 

 

 

 

 

 しかし、その観光客の女性は、意味が分からないままではあったが、明賀のそのすさまじい志と踊りに圧倒され、全身でしてしまい啓示を受けたかのように身体を動かし始めた・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奇跡が起きた・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

あれだけ近寄らなかった観光客が、たった一人ではあるが、明賀と一緒にAKBを踊り始めたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は恥ずかしそうに小さく動いていた女性だが、明賀と力するように踊りを一つ一つ確かめ、息も心も調するかのようピッタリに変化してきた。

 

   

 

 

 

 

 

 

 

次第に明賀の意識はランナーズハイならぬ、ダンサーズハイ状態に陥り、テンションはマックスに近づいて行った・・・




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明賀の能動的な行動と情熱が、観光客の心を動かしたのだった・・・

 

 

 

 

 

 

で涙しながら踊り続ける明賀。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「これや!この、一人だけではできない同作品を、俺は求めていたんじゃ~~っ!!」

 

 

 

 

 

身体の奥底から湧き出てくる顔に二人は包まれていき、次第に明賀の意識は遠のいてった・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

曲が終了した後、一緒に踊っていた女性が、明賀に近づき、肩に手をかけて声をかけた。明賀は、動で涙と鼻水にまみれていた。

 

 

 

 

 

しかし女性の顔には、優しい包み込むような微笑が漂っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

「よく頑張ったわね、明賀さん。ボスからの指令で動いたあなたのように、

 

 

 

素直な心で物事や声を受け止め、

やるからには熱い信念を持ち、

主体的に行動したり、

人に感動を与えて、

他人のために貢献したり、

協力や協調を大切にし、

苦難・困難するらも楽しく笑って

 

激しく動き続ける方。

 

 

  そんな人が今度のターゲットなの。 最後にあそこから望遠鏡を見て。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観光客が指差した場所には、望遠鏡が。 

 

 

 

 

 

 

明賀「望遠鏡から見える先に、一体何がっっ!?」

 

 

 

 

 

 

 

女性「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

望遠鏡に近づき、明賀は黙って息をのみ、力を込めて覗き込んだ。





 

  

 

 

 

 

 

  

「!」

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

「!!!!!!!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この長い長いスナイパーズミッションを、最後まで粘り強く見てくれたあなた。

 

 

 

 

 

 

 

そんなあなたは、スナイパーズから狙撃される可能性が高い要注意人物。

 

 

 

 

 

 

 

採用担当チーム「スナイパーズ」は以下のような極秘指令の任務中のため、松山市千舟町付近を歩く場合は、防弾チョッキを着用せよ!!